相続放棄のご相談
遺産相続放棄手続きは一定期間内にその旨を家庭裁判所に申述する必要があります。

具体的には、自分のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内に、被相続人(亡くなられた方)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に相続を放棄する旨の申述をしなければなりません。

相続放棄期間の伸長の申立てについて

自分のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内に相続財産の状況を調査しても、資料が得られず、相続を承認するか放棄するかの判断ができない場合は、家庭裁判所に相続放棄期間の伸長の申立てをすることにより、その期間を延ばしてもらうことが可能です。

相続財産が全くないと信じたことに相当の理由がある場合

相続放棄の申述は、被相続人が亡くなり、これにより自分が相続人となった事実を知った時から3か月以内に行わなければなりませんが、相続財産(借金などのマイナス財産も含みます)が全くないと信じ、かつそのように信じたことに相当な理由がある時などは、相続財産の全部または一部の存在を認識した時から3か月以内に申述すれば、相続放棄の申述が受理されることもあります。

被相続人の資産よりも負債(借金)の方が多い場合にはお早めにご相談ください。

相続放棄手続きにおける司法書士費用

1人目 52,500円(税込)
2人目以降(同時に申請) 26,250円(税込)
具体例 相続放棄を3人で同時に申述する場合の司法書士報酬
52,500円+(26,250円×2)=105,000円(税込)

上記の他に、1人につき、800円の収入印紙と400円程度の予納郵券が必要になります。

必要な書類

被相続人に関する書類

■死亡の記載のある戸籍謄本
■続柄・本籍の省略のない住民票(除票)

相続放棄を申述する方に関する書類

■現在の戸籍謄本

pagetop